前へ
次へ

温泉卵は茹でるのではなく熱湯で保温して作る

温泉地などに行くと良く売られているのが温泉卵です。
温泉といえば硫黄の臭いがするところがあり、それがどこか卵のにおいに似ていたりします。
売られているのを見て買いたいと感じる人もいるでしょう。
一般的に温泉卵といえば黄身も白身も半熟の状態の卵を差し、スプーンなどで掬って食べます。
温泉卵はどの温泉でも作れるわけではなく、温度が重要になります。
源泉の温度が一定温度のところなら薗温泉に入れているだけで温泉卵ができるでしょう。
一方熱い温泉のところだと水などで多少冷やさないと固ゆで卵になってしまいます。
もちろん家庭などでも比較的簡単に温泉卵を作れます。
ではどうやって温泉卵を作るかですが、最も簡単なのは熱湯と使用済みのカップ麺の容器を使う方法でしょう。
容器の中に生卵を入れてそこに熱湯を注ぎ後は放置するだけです。
カップ麺の容器は他の容器に比べると保温性が適度にあるので、一定の温度を維持してくれます。
温泉卵を作るのにちょうどいいようです。

Page Top