前へ
次へ

黄身が真ん中に来る茹で卵を作る方法

簡単に作れる料理の一つに茹で卵があります。
生卵を熱湯の中に入れ一定時間加熱するだけです。
最も簡単なのは固ゆで卵で10分以上加熱すれば自然にできているでしょう。
半熟などにしたいときは細かい時間管理が必要になるので時計などで時間を測りながら作る必要があります。
無事茹で卵が完成したものの何となく腑に落ちないときがあるかもしれません。
いざ食べようとしてもなかなか黄身が出てこなかったりすぐに黄身が出てきたりします。
これは黄身の位置が左右の色々なところにある為でしょう。
皮をむいたときに真っ白ならほぼ真ん中にありますが、黄身が透けて見えるときはその部分に偏っている状態です。
黄身が真ん中に来るよう茹でるには、茹でているときに黄身の位置を均一にする必要があります。
黄身は重いので下に行きがちですが、菜箸で常に動かしていると真ん中の状態をキープしてくれます。
それ以外には卵の先が下になるよう鍋の中のおちょこなどにのせて茹でる方法があります。
この方法でも真ん中をキープした状態で茹でられます。

Page Top